公益社団法人 日本港湾協会  Port-Navi
TOP> 日本港湾協会について> 目的・沿革など
日本港湾協会について
目的
本協会は、港湾に関する調査研究及び知識の普及、並びに港湾の整備とその管理の改善に関する事業を行い、地域の振興を図るとともに、我国の国際交流の進展と経済基盤の強化に寄与することを目的とします。
沿革

1922年
全国の主要な港湾関係者200名が出席し、大連港湾会議開催(中国・大連)。
“港湾協会”の設立を提案・決議。内務省に事務局が設置され、80数年にわたって活動してきた団体です。

2005年4月
港湾政策研究への効果的かつ迅速な取り組みを強化し、政策提言機能を強化するため、事務局内に「港湾政策研究所」を設置

2006年6月
港湾政策研究所」を事務局より独立した組織として設立

2013年4月
公益社団法人日本港湾協会へ移行

会員
組織
協力体制